東京住建とは

どのような住まいで生活をするか。これは人間を形成する重要なポイントの一つです。「衣食住」という言葉で示されるように、暮らす人の生活に直結するのが住宅の役割となっています。しかし、予算などの形で自分の理想を諦めてしまう人も少なくありません。そんな人たちがより良い住まいを探すためにはどのような住宅会社を選ぶべきなのでしょうか。今回は東京住建の分譲住宅からそれを知っていきましょう。

■新しい形の分譲住宅
東京住建の分譲住宅といえば「ジオ・ステージ」です。分譲住宅というとどこか画一的で、平均点狙いのつまらない住宅だというイメージを持っている人も少なくありません。実際にそのような物件も存在します。しかし、このジオ・ステージは、従来の分譲住宅とはまるで違う特徴を持っているのです。

ジオ・ステージは東京住建がこれまでに培ってきた注文住宅のノウハウを存分に活かしながら開発された分譲住宅です。そのため、顧客の要望に応えやすいような仕組みになっており、全く新しいタイプの分譲住宅だと言えます。エクステリアや住宅設備などはもちろんのこと、様々なポイントをユーザーの感性で決めることが出来るため、暮らしやすい住環境をお求めやすい形で手に入れることが出来るのです。

■湿気対策について
ジオ・ステージの性能には優れている点がいくつか存在します。その中の一つが通気性です。日本は高温多湿の環境であるため、湿度対策は住まいに大きな影響を与えます。湿度はカビの原因になるだけでなく、構造体の腐食や変質などを引き起こし、倒壊や損壊のリスクを抱えることになります。

通気性能に優れているジオ・ステージでは基礎パッキン工法を採用しています。こちらは床下や壁面の内側に空気の通り道を作ることによって湿気が溜まることを防ぐのです。従来の方法でもこのような換気は可能ですが基礎に穴を空けてしまいます。そのため、住宅の持っている本来の強度を下げてしまう可能性があるのです。しかし、これは基礎がしっかりと保たれるので、そのクオリティを保つことに役立ちます。

■暮らしやすい住まいを手頃な価格で
「ジオ・ステージ」は東京住建の分譲住宅です。こちらは従来の分譲住宅とは違い、顧客の要望を叶えるものになっています。基本構造はありながらも多くの場面で顧客の好みを反映させることが出来るため、自分好みの住宅へと近づけることが出来るのです。エクステリア、住宅設備なども相談しながら決定することができます。

また、日本の気温環境において最も注意すべきものの一つである湿度についてもジオ・ステージは対策をしてあります。基礎パッキン工法は空気の通り道を家の中に作ることによって湿気が困ってしまうのを防ぐのです。従来の換気方法では住宅の基礎に穴を空けてしまうため家が弱くなってしまうリスクが生まれてしまいましたが、この方法ではそのようなことはありません。そのため、安心して暮らせる家を作り出すことが可能なのです。

株式会社東京住建のオープンイノベーション情報